流動食とワセリンと、エンディングノート。

ゴローは、1週間ほど前から今までのふやかしてペースト状にしたフードをあまり食べなくなりました。

最初の食いつきはいいんだけど、それが続かなくて口を真一文字に結んで「もういいです。」となります。

なんか、ゴローらしいね。

いよいよ流動食かなということで、ロイヤルカナンの高栄養リキッドを導入。

さくらとジュリーに飲ませていたクリニケアは、製造中止になっています。

ロイヤルカナンのほうがサラッとしていて、口がガビガビにならなくてよいかも。

 

ゴローのお食事セットです。

お水の入っているシリンジは、飲ませるのとうがい代わりに口の中を流すのとの兼用です。

仕上げに、幼児用の歯ブラシで隙間を綺麗にします。(省略するときもあり)

そんなことをしても大人しくしているゴローが、ありがたいやら、物足りないやら。

 

ゴローの床ずれとお鼻の乾燥防止のためにワセリンを塗っていますが、

先日、赤ちゃん用の低刺激のものを見つけました。

 

そんな折、ココアの肉球がずいぶん硬くなっているのに気がつきました。

なんで気がついたかというと、わたしの素足を踏んだとき痛かったからです。

散歩の後、ぬるま湯のシャワーで足を洗うので油分が減っているかも、部屋の敷物をホリホリするので痛めたのかも、などと思っています。

足を洗って拭いた後、ワセリンを塗ることにしました。

ココアは、前足に関しては、自分から足をあげてくれます。

右足が終わったらはい、左足ね♪て感じで、そういうの、可愛いね:)

後ろ足もやってみれば?

 

わたしは、最近、エンディングノートを書き始めました。

きっかけは、新聞のコラムで気に入っていたイラストレーターの西村玲子さんの記事が本になるということで、ネットで購入しようと思って見ていたら、彼女のイラスト入りのエンディングノートが出ていると知り、なんか、柔らかく優しい雰囲気で、暗さみたいなのがないし、いいかなと思い同時購入しました。

 

大人のおしゃれについて綴られていますが、若い女性のおしゃれからも感化を受けたりしていて、柔軟性って大事だな〜と思わされる内容です。

 

エンディングノートというと、命と直接かかわる内容というイメージでしたが、帯に見えるように、備忘録的なことをまず書くようになっていて、いろいろ確認できてよいなと思いました。

親の誕生日と没年月日を書く欄もあったんだけど、父の誕生日があやしい(^^;

お友達と日にちが近いので、どっちかわからなくなってしまった。

父はもういないので、お友達のほうに聞くしかないね。

そんなこんなで、法的な効力はないので、鉛筆書きでもよいし、修正ペンを使って書き直してもよしで、気楽に始めるといいみたい。

なんだか、書いていると落ち着いた気持ちになりました。

また、気が向いたときに書き足していこうと思います。

| 犬の介護 | 23:17 | comments(10) | - | pookmark |
新車購入!床ずれ予防グッズ

ゴローが寝た状態のままお出かけできるように、バギーを新しくしました。

じゃじゃ〜んき

エアバギーという製品で、後輪は空気を入れるタイプです。

自転車メーカーのタイヤを使っているそうで、押し心地がめっちゃいいです。

きっと、ゴローも気持ちよく乗っていられると思います。

ちょうどいいサイズだね。

今は、朝でも暑いので、バスマットの下に保冷剤を敷いて、ほんのり冷たくしています。

 

ココアも乗れるし、2代目バギーとして、大活躍してくれそうです。

 

ゴローの床ずれの傷は、無事抜糸が終わりました。

が、10日間傷の方を上にして寝ていたら、反対側の肩のところに床ずれが出来ていました。

少し前より動きが少なくなったせいでしょうか、気をつけなくてはです。

そこで、床ずれ用の介護グッズを購入しました。

ドーナツ型の傷の下に置いておく物と、筒型の足の間に入れて抱き枕みたいに使う物。

後ろ足がいつもクロスしている状態で、通気性が悪いなと思っていたので、ナイスな製品です。

全く動かないわけでもないので、ポロッと外れていたりするのですが、ある程度の時間でも使えたらいいなと思います。

それから、最近のオムツは、巻くタイプの男の子用マナーウェアーです。

横漏れしないし、外した状態でお腹を押してあげて出すことも出来ていいなと思っています。

介護な日々、うまくいってるな〜。

 

よかったね〜ハート

 

 

| 犬の介護 | 19:11 | comments(12) | - | pookmark |
ゴローとの日々、ココアのDNA。

最近の生活パターンは、朝7時過ぎから、まずココアと散歩して、8時くらいから、ゴローの散歩、夕方もう1回ココアの散歩という段取りです。

ココアは、我が家での生活が1ヶ月を過ぎ、また一段と落ち着いてきました。

はじめの頃は、5時を過ぎると興奮状態でそわそわしていましたが、7時までは落ち着いて過ごしています。

なんか、7時というのがボーダーラインみたいね。

お散歩時の引きもだんだんと穏やかになりました。

ただ、同じ大きさ以上の雄犬や近づいてくる人に吠えたりします。

きっと、アウェイな感じが無くなってきたんじゃないかなぁと思っています。

ココア本来の性質が、少しずつ見えてくるのではないでしょうか?

13年生きてきたんだから、そんなに矯正しないで、許容範囲でお互い気分良く過ごせればいいと思います。

ココアの本題は後ほどとして・・・。

 

ゴローは、表情が乏しいのでわかりづらかったりしますが、お出かけは楽しみにしているようです。

その証拠に、公園へ着くとバギーの中からもぞもぞ動き出します。

そして、広場で降ろしてあげると、待ってましたかのように足を動かしてお散歩します。

でも、実際はグルグル右回転しているので、わたしが目が回らないうちに、抱っこして休憩を入れます。

 

犬目線で見る空と大地。

季節柄、とても気持ちよいです。

 

数回グルグル散歩をしたら、草の上で休みます。


最近は「お昼寝しているわんちゃん」として、有名になってきました(笑)

 

程良くひんやりとした草の上で、爽やかな風に吹かれて、

最高じゃん手

 

ゴローを通して、認知症という言葉に敏感になってきました。

最近映画化されたということで、テレビで紹介されていた本を買ってみました。

陽(みなみ)信孝さんという方が、若年性アルツハイマーに罹った奥様の介護を綴った「八重子のハミング」。

決して美談的な内容では無く、本音や息抜きもちゃんと書いてあります。

読みながら、共感したり、介護の本質を教えられたりしました。

少し前に、体調を崩して丸1日外へ連れて行くことをせず、抱っこする力がなかったので、オシッコで汚れたシーツもそのままにしていたら、翌日、ゴローがオシッコしたくなっても動かなくなり、垂れ流し状態になっていました。

本格的な寝たきりになってしまったかと覚悟しましたが、また外へ連れ出して、部屋でのお世話もするようになったら、元の状態に戻りました。

陽さんも同じようなことを書かれていましたが、ほんの数日でも介護しないと、恐ろしいくらいにスピードアップして認知症の症状が悪くなるんだなと感じました。

特に犬は、人間の5〜7倍の早さで時間が流れていると言われているもんね。

犬の認知症については、あまり研究が進められていないと獣医さんから聞きましたが、ゴローは脳萎縮が原因だし、陽さんの奥様の若年性アルツハマーによく似ているなと思いました。

だんだんと記憶が失せて、人の顔もわからなくなるけど、最後まで残るのは「歌」なんだそうです。

結構意外・・・。

陽さんの奥様は、音楽の教師をされていたということも大きいのでしょうが、歌詞は忘れても旋律は間違えずに童謡や流行歌をいつも口ずさんでおられたということです。

それで、このタイトルなのですね。

犬はどうだろう・・・・?

さくらとジュリー、そして、ゴローを見ていると、人間の「歌」に代わるものが「歩く」ということなのかなと思います。

さくらは、亡くなる4〜5日前から足が1本ずつ完全に麻痺し始めて、それでも顔を起こして「歩く!」と言うので、胴体を持って歩かせていました。

いよいよ4本全部ぶらぶらになってもやはり歩く気持ちは失せず、今まで歩いていたゆっくりなスピードで胴体を移動させてやると、歩いた気分になるみたいで、落ち着いて寝ていました。

ジュリーも、2月に入って重篤な状態になってから逆に歩きたがり、もう前足しか動かなかったけど、やっぱり胴体を持ってあげるとめちゃくちゃ早い足取りで前進していました。

今、ゴローも歩きたいのです!

その前向きな気持ちを大切にしてあげたい。

それから、オムツは、目が届かないときだけ着けるようになりました。

擦れて赤くなったところがなかなか治らないしね。

用を足したくなると動き出すということがわかったので、素早く(これ、大事!)トイレシーツに連れていってやって用を足します。

うんちは、そういえばさくらのとき、肛門をもぞもぞっと刺激してやると出たな〜て思い出して、頃合いを見て使い捨てビニール手袋をして肛門周りを優しく揉むと、顔を出してきます。

100%うまくいくとは限りませんが、割と成功しています。

やっぱり介護は、下の世話がうまくいくと気持ちが楽になりますね♪

 

 

さて、ココアですが、少し前に、ちょっと小ぶりだけどココアの柄行きにそっくりなワンコに会いました。

保護犬だそうですが、DNA検査というのをやってみたんだそうです。

そうすると、両親の犬種がわかるんですって。

結果はというと、両親とも柴が入っており、あとは、秋田・セッターなんだって。

ココアもそんなところなのかな〜と面白く聞きました。

斑点模様が、イングリッッシュセッターだよね。

あと、胸板が広くて厚いのも、日本犬のスタイルとちょっと違うね。

目も、セッターかな。

 

どやきらきら

| 犬の介護 | 12:49 | comments(8) | - | pookmark |
ゴローのおむつ事情

ゴローがおむつを着けるようになって、半年ほど。

ジュリーもそうでしたが、股のところが次第に赤くなっちゃて、痛々しいのです。

 

テープで止めるタイプのは、当たるところがゴムになってないのね。

 

 

そこで、以前使ってみた人間用の履かせるタイプのに変えてみることに。

5歳くらいの子が使う一番大きいサイズのが、ちょうどいいみたい。

パンツ仕様だから、ぐるっとゴムになってる。

 

 

これで、少しは辛さが和らぐかな・・・ゴローもわたしも。

ゴム部分は、けっこう伸びるので、意外に履かせるのも難しくないよ。

文句言わずに着けさせてくれて、ありがとうね・・・。

 

それから、もう1つ発見。

前後逆にしたら、フィット感が増した!

これ、うっかり間違えて「まえ」の面に尻尾の穴を開けちゃって、でも、もったいないから使おうと思って着けたら、あれ?こっちのほうが合ってるじゃん♪ってことになって、その後も逆装着を続けてます。

 

 

穴を開けたところから吸収剤が出てこないように、布製のガムテープで止めるんだけど、いわゆる茶色いのだとちょっと悲しいので、せめてもの気持ちで、白を採用。

隙間なく止めないと、動くうちに広がっちゃうので、何回かに分けて丁寧に止めるようにしてます。

カットする幅が楽に微調整できるので、指でちぎれるタイプのテープが便利。

これも、介護対象がゴローだけだからできるのかな・・・。

と、思う今日この頃でありましたが、新しくワンコを迎えようかということになってきてます。

「シニアの雑種」に絞って探して、事情で一緒に住めなくなった14歳のおじいちゃんワンコに出会いました。

サイズ、年齢、性別と、ゴローと同じなので、ふつうだったら厳しいかな〜ですが、ゴローが大きい赤ちゃんになったので、ゴロー側は大丈夫かなと思ってます。

 

17日(月)に、お見合いしに来てくれます。

 

何はともあれ、会えるのを楽しみにしてましょう♪
 

| 犬の介護 | 17:03 | comments(8) | - | pookmark |
ゴローもバギーでゴ〜♪

認知症の影響と筋力の低下で、思うように歩けなくなったゴロ−。

いつも住まいの周辺ばかりでつまらないので、バギーに乗せて出歩くことにしました。

 

前足をかけるところが、お茶目です♪

 

公園で、降ろしてみました。

「斜頸」という症状で、いつも右側に傾いています。

道路だと両側が低くなっているので、右側にいると転んだりします。

公園はまっすぐだから、動きやすいね。

 

マイペースでいいよ。

 

疲れてきたみたいだから、またバギーに乗って、一回りしてこよう。

 

あれ?寝ちゃったかな?

可愛いね♪

 

 

あ、起きた♪

 

公園で少しずつでも歩くと、自信を回復するみたいです。

部屋での動きも、よくなります。

認知症には刺激が大事だと聞いたので、お散歩で歩いたいろんな場所に、連れて行ってあげようと思います。
 

| 犬の介護 | 22:25 | comments(8) | - | pookmark |
瞑想

ヨガの最後に、瞑想の時間があります。

理想は無の境地だけれど、そう易々とはいかず、「何か考え事が浮かんでも、それにこだわらないで、なるべく早くその考えから抜け出しましょう。」と指導されます。

そのお陰か、最近はマイナスなことが起きて落ち込んだりしても、切り替えが早くなって、気がつけば鼻歌を歌ったりしているときもあります。

そんなことで、瞑想という言葉に敏感になってきている今日この頃。

作家の小川糸さんが新聞に連載していらっしゃるコラムで、最近瞑想をするようになったと書いてありました。

「ナニナニ?」と読んでみる。

スリランカ出身のアルボムッレ・スマナサーラさんというお坊さんが提唱されている瞑想法で、心の中で唱える方法です。

無の境地とはまた違ったものですね。

長いですが、その内容を書いてみます。

 

私が幸せでありますように。

私の悩み苦しみがなくなりますように。

私の願い事が叶いますように。

私に悟りの光が現れますように。

 

私の親しい人たちが幸せでありますように。

私の親しい人たちの悩み苦しみがなくなりますように。

私の親しい人たちの願い事が叶えられますように。

私の親しい人たちに悟りの光が現れますように。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。

生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように。

生きとし生けるものの願い事が叶えられますように。

生きとし生けるものに悟りの光が現れますように。

 

私の嫌いな人たちも幸せでありますように。

私の嫌いな人たちも悩み苦しみがなくなりますように。

私の嫌いな人たちも願い事が叶えられますように。

私の嫌いな人たちも悟りの光が現れますように。

 

私を嫌っている人たちも幸せでありますように。

私を嫌っている人たちも悩み苦しみがなくなりますように。

私を嫌っている人たちも願い事が叶えられますように。

私を嫌っている人たちも悟りの光が現れますように。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

こんな内容です。

いやいや、いくらなんでも、そこまでは〜と思ったのですが、ものは試しでやってみました。

夜寝る前と朝起きたときに、心の中で唱えます。

「嫌いな人たち」と「嫌っている人たち」の項は、重い気持ちになり、同じ言葉なのにすらすらとは出てきません。

でもね、やり始めてすぐから、なんだか大らかというのかな、「いろんな人がいるよね」というような落ち着いた気持ちになってきました。

そのことで、自信みたいなのも出てきたし。

自信って、「自分を信じる」てこと。

この瞑想法のポイントは、自分が真っ先に置かれていること。

まずは、自分が幸せであること。

そして、み〜んなに好かれなくてもいいし、わたしも苦手だな〜て人も居て当たり前だしね。

小川糸さんは、瞑想をするようになってから、気持ちが楽になったそうです。

これからも、続けてみようと思います。

 

先日買ったピンクのタオルで寝ているさくら。

今日は、しばらくぶりに昼過ぎに発作がありました。

軽症だったけど、6回も起きました。

そんなときは「大丈夫だよ〜。母ちゃんがついてるからね。」て言いながら、体をさすってあげます。

一緒になって慌てたら、よけいに不安になっちゃうもんね。

夜には、流動食を食べ、お薬もちゃんと飲めたので、一安心です。

 

そして、ジュリーにも男の子らしいタオルを買ってあげました。

ブランケットとともに、ブルー系でそろえてみました♪

徳ちゃんみたいだぜぃ!

2〜3日前から、ジュリーも後ろからホールドしてあげて、ご飯を食べさせています。

まだスプーンはいらなくて、器を見せれば自分で食べてくれてます。

そして、シリンジでお水を上手に飲みます。

ずっと前から慣れてるかのような感じ。

自力でお水を飲みに行くのが至難の業になってきているので、助かります。

 

犬友さんのお子さん用の、小さくなって使わなくなったおむつをいただきました。

ゴローに使ってみます。

尻尾の位置は、見本があるのでバッチリです。

なんか、可愛いよ〜♪

 

みんなそれぞれの力で、生きているのだ。

ナイス!!!

| 犬の介護 | 22:35 | comments(6) | - | pookmark |
流動食

10日ほど前から、さくらの食事は流動食になっています。

食べる気はあるんだけど、スプーンからうまく食べられなくなってきました。

「流動食 犬」で検索して出てきたのが、クリニケアという製品です。

それをシリンジで口の横から入れてあげると、パクパク、ゴックンして食べてくれてます。

あげる方も食べる方も、だんだん上手になってきて、あまりこぼさなくなってきました。

お値段の話をすると、わたしが探した限りでは、1缶785円が底値のようです。

でも、送料が逆に高かったりするので、ある程度の数注文したほうがよいね。

はじめは、お試しのつもりで1缶だけ注文してみました。

濃厚な味が気に入ってくれたみたいなので、その後は5缶くらいずつ注文。

さくらの体重から計算すると、2日で1缶消費することになるんですけど、1日1日を大切にしていく時期にきているので、惜しまず食べさせてあげようと思ってます。

クリニケアは、吸収が大変良いそうで、なかなかう○ちにならず、いいのかな・・・と多少不安でしたが、今日ようやくお目にかかれました。

これで、栄養面は安心です。

 

そしたら、昨日からジュリーがお水しか口にしなくなってしまいました。


なんだか、元気なさげ・・・。

 

ゴローも心配してるよ。

ならばと、流動食をあげてみました。

最初は勢いがありましたが、すぐにペースダウンしてしまい、あまり入らなかったのです。

お水はシリンジから上手にたくさん飲んでくれるんだけど。

そしたら、今日の夜、最近気に入っているドライフードを口に近づけたら、ちょっと食べました!

やったー!!とひとり感激し、次はささみの缶詰。

よく食べる〜♪

お魚ジャーキーもパクパク。

やれやれ、元の調子に戻ってきました。

あ〜よかった。

 

介護の中にも、ちょっとした楽しみがあると嬉しいね。

お手頃な価格が揃う衣料雑貨店で、使える物がないか探してみます。

 

ブランケットは色違いで。

 

角にレースが縫い込んであるのが、母ちゃんのお気に入り♪

今、セール中で、1枚380円(税込み)!

先週動物病院で体温を計ったら、さくらは36度台で、犬にとっては低体温。

このブランケットと使い捨てカイロで、温かくしてあげてます。

さくら用に、女の子らしいタオル。

2枚組で、580円(税込み)。

ちょっと高価だったかなぁ。

100均も覗いたけど、気に入るものが無かったからね。

これでいいのだ。

 

 

| 犬の介護 | 23:16 | comments(8) | - | pookmark |
キャッチエプロン

purinnさんに教えてもらった、赤ちゃん用のキャッチエプロンを100均で買ってきたよ。

これで、寝食べにも対応できるね!

 

さくらは、どうかな?

いい感じ。

新聞紙は首元まで覆えないので、あるといいね。

ササッと水拭きできて便利だし、なんか可愛い♪

ジュリーは、まだまだ大丈夫みたい。

見よ!余裕の寝顔♪

 

最近は、全員ドライフードをお湯でふやかしています。

ゴローは、カリカリを食べると、口の横からこぼれてしまうのです。

で、ふやかしてみたら、うまく食べられました。

ジュリーも、カリカリよりよく食べてくれます。

器を覆っておくと、はやくふやけるんだそうで、実行しています。

確かに、早い。

それと、水が自分で飲みにくくなったわんこの水分補給にもなって、いいそうです。

ゴローは、水を飲みに器の前まで行くんだけど、水と認知できないか、飲み方がわからないのか、そのあたりの理由で、飲めなくなることが多いです。

何度もチャレンジして飲めたりすることもあるんだけど、上手に口に入れられなくて、実際はあまり飲んでないみたい。

認知症というのは、ごくごく当たり前のことが認知できなくなるんだと、認知症の人たちを介護をしているプロの方に伺いました。

納得の日々で、かえって気持ちが落ち着きました。

 

でも、赤ちゃんみたいで、可愛いよハート

でろ〜〜〜ん

 

 

| 犬の介護 | 23:19 | comments(8) | - | pookmark |
介護ベッド

ゴローのお尻が床ずれで穴が開いちゃうかも・・と獣医さんがおっしゃるので、あわてて介護ベッドを購入しました。

寝心地は、いかがですか?

 

ジュリーにも乗ってみてもらいました。

ふ〜ん、初めての感覚だね。

 

床ずれ防止というと、低反発だったけれど、最近は高反発のタイプも出ていると獣医さんから伺ったので、検索してみました。

低反発も高反発も、どちらもありましたが、最近の意見を採用して、高反発タイプのものを購入してみました。

この製品は、両面で反発の度合いが変えてあるので、弱いタイプのほうから慣れるといいかもね・・・と思ったのですが・・・・。

あれ?

ゴローくん、どうしたかな〜?

眺めてないで、使って〜。

ちょっとトランポリンっぽい感触なので、ぎこちないながらも歩けるゴローにとっては不安定なのかもしれません。

どうやら、時期尚早だったようですね〜。

んじゃってことで、眠っているさくらを乗せてみたよ。

気持ちよく寝てるね。

でも、さくらも歩けるので、わたしが見てるとき限定です。

ということで、現在、わたしが座るのに使っちゃってます。

足の甲が程良く刺激されて、気持ちよいよ。

 

それなりに自力でがんばる3わんず。

ほんとに使う日は、まだ先のことってことかな。

 

| 犬の介護 | 23:02 | comments(9) | - | pookmark |
さくらの食事

さくらは、目が見えないし、おすわりしていてもゆら〜っとしてしまうようになったので、ご飯タイムもちょっと工夫が必要になってきました。

まず、さくらの背後にまわり、左手でホールドします。

 

そして、食べこぼし対策として、新聞紙を敷きます。

 

新聞紙は、あらかじめ1枚ずつ4つ折りにして、トイレシーツと一緒に収納しておきます。

他にも、とっさのゲ○や○ん○の時に、サッと敷けて重宝します。

この入れ物は、無印のものです。

帆布かな?丈夫な生地で出来ているので、型崩れしなくていいです。

サイズも、3通りくらいありました。

 

そして、待望のご飯登場!!

ドライフードをお湯でふやかしたものに、缶詰とハーブを混ぜてあります。

出来るだけ、食べこぼしはお皿でキャッチしたいので、微調整しながら位置を決めます。

スプーンですくって口元まで持って行くと食べます。

金属のより木のほうが口当たりがいいかなと思って使っていたのですが、スプーンごと口に入れるようになったので、もっと小さくて柔らかい素材を・・・と考えていたところへ、介護用スプーンがあることに気づきました。

検索して見つけたのが、これ。

離乳食用で、Sサイズ(スプーンの長さが2センチほど)のもの。

スプーンの部分はシリコン製で、柔らかいです。

歯に当たった時のショックが少ないかと思います。

そして、普通のスプーンと大きく違うのが、持ち手部分の太さ、長さと角度です。

口に持って行きやすく出来ています。

研究されてるな〜と感心しました。

お値段は、800円くらい。

オススメです〜♪

 

お腹いっぱいで、満足げに眠るさくらです:)

| 犬の介護 | 22:10 | comments(7) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

RECENT COMMENT

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

MOBILE

qrcode

PROFILE

SEARCH