美味しい話

新宿へ行ったら

今週は、火曜日と今日の2回新宿へ行ってきました。

火曜日は、口内炎の治療のために、大学病院まで。

左上下の親知らずを抜きましたあせ

下のほうが、抜くときちょっと痛かったよ。

その日は、お酒飲まないでねって、薬剤師さんに言われたので、ワインはがまんしました。

で、新宿に行ったときは、構内で売ってる「シウマイ弁当」を買って帰るのがお楽しみ♪

 

シュウマイはもとより、ほかの料理もけっこう好き。

なんで、冷めてても美味しいんだろうね。

特に細かく切ってあるタケノコの煮物、いいな。

 

そして、今日は、お友達とメキシコ料理を食べてきました。

久しぶりに牛肉食べて、力ついた感じ。

帰りは、乗り換えのエキナカで、道明寺を買いました。

一回スルーしたんだけど、京都のお店が期間限定で出店!て書いてあって、「買うべし!」と心が決まった。

道明寺って、馴染みが薄いんだけど、桜も咲き始めたので頂きました。

美味しかったワン♪

 

俺っちにも、オイシイのくださ〜い。。。

 

 

 

日常の話

笑った

先日、ご飯が入ったままの炊飯器を床に置いていたら、ゴローの足があたって、蓋が開いてしまいました。

ここまではよくあることなのですが、今回は、ゴローの口元にたっぷりのご飯が!

もぐもぐしながら、「え?」て顔してこちらを見るゴロー。

さくらとジュリーを見送って以来、初めて心から笑った。

ゴロー、ありがとさん。

 

そして、こちらの方にも笑いをいただきました。

Eテレで、「ヨーコさんの言葉」という5分間の番組を偶然見て、面白いな〜と思ってました。

本も出てるということで、買おうかどうしようか迷っていました。

そしてら、NHKのホームページで動画が見られることを発見!

http://www3.nhk.or.jp/d-station/program/yokowords/

んじゃ、買わないでもいいなということになり、別のエッセイを買ってみました。(ここの中からも、動画になってます)

日常の話なんだけど、笑いのツボにはまったよ。

夜寝る前のお楽しみになってます。

 

ちなみに、先の動画の第49話「年寄りは年寄りでいい」に、特に共感します。

お暇なときに、見てみてね〜。

 


 

 

日常の話

久しぶりのお出かけ

今日は、映画を観てきました。

12月頃から、犬たちのことが心配で最低限の外出しかしていなくて、買い物もできる限りネットを利用していました。

洋服も、ネットで買ってました。

でも、それが苦痛とかじゃなくて、1分でも一緒に過ごしたかったのよね。

そんな感じでしたが、着物も着たかったし、観たい映画だったので行ってみることにしました。
「素晴らしきかな人生」 という映画です。

基本、人情モノが好きですが、思っていたより涙系ではなくて、爽やかさも感じられた映画でした。

我が子を病気で失おうとしているお母さんに「プレゼントを見逃しちゃいけないよ。」というような内容の言葉をかけた女性がいたんだけど、そういうの、あると思いました。

さくらとジュリーからも、すでにプレゼントをもらっています。

これからの人生の宝物になると思っています。

 

さくらとジュリーのために、共にに祈ってくださって、感謝しています。

あかねママさんからいただいた短歌を色紙に写させてもらいました。

 

達筆の人を見つけて書き直しますので、スミマセン(^^;)

 

最近は、ゴローを積極的に公園へ連れて行ってます。

ちょっと動いてあとはひなたぼっこですが、近寄ってくれるワンコもいるので、少し寂しさも紛れるかな〜と思ってます。

やっぱり犬同士のふれあいって、必要よね。

 

ニンゲンのお布団で熟睡してますけど(笑)

 

また明日、お出かけしようね。


 

 

 

愛犬の話

ふたり仲良く

昨日、2月24日、ジュリーも無事お骨になりました。

車を待つ間、ジュリーが好きだったジャズのCDをかけていたら、顔が笑って見えました。

それとも、さくらのところへ行くのが嬉しかったのかな。

間に合わせ的で申し訳ないですが、こんな感じになってます。

 

 

仲良く並んでますよ。

 

さくらの命日が2月20日、ジュリーの命日は、2日後の22日。

「2」ばっかりだね。

2頭の絆の深さを感じちゃったりしてます。

 

ゴローが「大好きなジュリーくんを出して!」と言って困ります(^^;

ぼちぼちと、新しい生活に慣れていきましょう。

これからも、よろしくお願いします!

 

愛犬の話

ご報告

さくらは今日、無事お骨になりました。

尻尾の先や、指なんか、とっても小さくて、可愛いなと思いました。

骨の断面が見えるところの内側がオレンジっぽい色になっていて、それは骨がしっかりしていて、骨粗しょう症になっていないということなんだそうです。

「20歳でこの状態はすごいです。栄養状態がとてもよかったんですね。」と言ってもらえました。

嬉しかったな。

なんとなく落ち着いた気持ちで帰宅したら、ジュリーが苦しそうな息をしていました。

実は、2月に入って急に容体が悪くなり、流動食はなんとか・・・の状態で、5日間続けて補液の点滴に通うも改善が見られず、獣医さんに「覚悟しておいたほうがいいね。」と言われていました。

そして、夕方5時50分頃にジュリーも旅立ってしまいました。

さくらと一緒がよかったのでしょうか。

さくらも、ひとりじゃ心細いかな。

なにせ、10年ほどは、いつも一緒にお散歩した仲だもんね。

「虹の橋では、少しはさくらに自己主張するんだよ!」と言ってあげました。

 

みなさん、ジュリーもたくさん可愛がっていただきました。

応援もしていただきました。

ありがとうございます。